情弱文庫

Twitter@joujakudesuga

分かりやすい「やる夫やらない夫替え歌」解説!

情弱文庫です。

 

 

皆さんは「やる夫やらない夫替え歌」という遊びをご存知でしょうか? 

 

 

殆どの人は知らないと思います。僕とバリバリの人狼(@jupize2)の間でしか流行ってないので。ほぼ全員知らなかったですね。

 

 

今回の記事では「やる夫やらない夫替え歌」について分かりやすく、丁寧に解説していこうと思います。付いてきてください。お願いします。

 

「やる夫やらない夫替え歌」とは?

基本的にはやる夫、やらない夫、できる夫、できない夫のみで構成される替え歌。

 

全く意味がない。

 

「やる夫やらない夫替え歌」の作り方

元の歌詞の母音に少しでも当てはめるように、歌いながら即興で「やる夫」「やらない夫」などを入れていく。綺麗に変えられると、それだけポイントも高くなる。

 

やる夫は音にすると『あ・う・お』

やらない夫は『あ・あ・あ・い・お』

できる夫は『え・い・う・お』

できない夫は『え・い・あ・い・お』

 

一応、この4人で『あ・い・う・え・お』と全ての母音を補う事が出来る。

 

また「やる」「やらな」「できる」「できない」など最初の一文字が入っているなら、省略する事も可能。

 

例【曲名:どんぐりころころどんぐりこ 歌い出し】

やるやるやらやら やらない夫 できない やるやる やらない夫 やるやるやらやらやらない夫 やるやらできない できない夫

 

例【曲名:ハレ晴レユカイ サビ】

やるやる夫 できる夫  やる夫やる夫できる夫 できるやる やる夫やる やらなできない夫 

やるやる夫やらない やる夫やるやるやる夫 やらない夫 できない夫 やるやるやらやらできる夫 

やる夫やる夫 やらなやらでき できる夫 やる やら できる夫

性能説明

やる夫…… 3文字で構成されるやる夫は小回りが効きやすく、韻も踏みやすい。『あ』か『う』か『お』のどれかが入っているならば、やる夫を直感的に挿入しても違和感があまり生まれないほど。やる夫やらない夫替え歌ランクにおいて納得のSランク。

 

やらない夫…… 5文字中3文字が『あ』で構成されている、とてもピーキーな性能。『い』を使いたい際には重宝する。しかし、『あ・あ・あ』から始まるというのはメリットにもデメリットにもなりやすく、後に解説する『異種やる夫やらない夫替え歌』とで評価が分れていくだろう。普通のやる夫やらない夫替え歌ではA-ランク。

 

できる夫…… 『え・い・う・お』と、4文字ながらオールラウンダーとして立ち回れる。ただ、器用貧乏過ぎる点があり、できない夫と使用率を争っている。4文字はできる夫しか居ないため使えないことはない。Aランク。

 

できない夫…… できる夫の上位互換。『う』を失った代わりに、『あ』と2個目の『い』を獲得。これにより適当に当てはめた場合でも2回の『い』が補ってくれる場合がある。スピードのやる夫、パワーのできない夫といった所か。やる夫と並び堂々のSランク

 

やってられっか夫…… 隠しキャラ。『あ・え・あ・え・あ・お』と初心者が扱うには難しすぎる性能。使用するタイミングさえ間違えなければ確実に機能するが、やはり弱キャラといって良いだろう。二文字短縮する場合にも『やって』と省略する必要がある為、伝わりにくい。Bランク。

 

実際に作ってみる

今回は著作権の切れている「シャボン玉」という曲で紹介します。

 

シャボン玉の歌詞は

 

『シャボン玉飛んだ  屋根まで飛んだ
 屋根まで飛んで   こわれて消えた』

 

の部分が有名なのではないでしょうか。まず、これを母音にしてみます。

 

『あ・お・あ・あ・お・う・あ   あ・え・あ・え・お・う・あ

 あ・え・あ・え・お・う・え   お・あ・え・え・い・え・あ』

 

1フレーズ毎に解説していきましょう。

まず「シャボン玉飛んだ」ですが『あ』の母音から始まっています。この時点でできる夫、できない夫を当てはめるのはありえません。

 

よって「やる」「やる夫」「やら」「やらな」「やらない」「やらない夫」の6種類が候補に挙げられます。

 

ここではまず適当に「やる」「やら」からスタートするのが妥当でしょう。次に待っているのが『あ・あ』なので「やら」で消費できます。

 

まずシャボン玉を「やるやら」と置き換えました。次に『飛んだ』の部分ですが、『お』から始まる単語はこの世界には存在しない(?)ため、後ろの部分で韻を踏む事が重要になってきます。

 

飛んだ(お・う・あ)の場合、3文字で、且つ『あ』で終わっていますね。

 

この場合は「やらな」「できな」を当てはめるのが理想ですが、即興の場合はここまで対応出来ないかもしれないので、3文字である「やる夫」「できる」を入れても良いかもしれません(ポイントは低くなりますが……)

 

最悪なのは何も思いつかず「やるや」「できで」など1文字省略になってしまう場合です。最悪、審査員のジャッジによってはペナルティが課せられます(審査員????)

 

ここまでで「シャボン玉飛んだ」を「やるやらやらな」と置き換えました。今回は丁寧に解説していますが、本番ではこれを一瞬でやらなければいけません。やはり慣れが必要になってくるでしょう。

 

次に「屋根まで飛んだ」のフレーズです。『あ・え・あ・え・お・う・あ』ですね。

先程同様、『あ』から始まっているのでやる夫かやらない夫スタートです。

 

『あ・え・あ・え・お』という部分を見て「あ! ここにはやらない夫を当てはめれば最初と最後で韻が踏めてるぞ!」と思った方も居るのでは無いでしょうか?

 

しかし実際にやらない夫と入れてみると、変な感じになりますよね?

 

これは『屋根まで 飛んだ』つまり『あ・え・あ・え  お・う・あ』と文節が区切られているからです。母音だけに集中していると、失敗します。

 

では『あ・え・あ・え』ですが、ここは再度「やるやら」で流しましょう。二音目に『え』が入るのは「やってられっか夫」くらいですが、これはあくまで理想コンボなので厳しいです。それに「屋根まで」を「やってやって」と歌うのも美しくありません。

 

『おうあ』は3文字で、『う、あ』で踏めそうなので迷いなく「やる夫」か「やらな」を選んでください。今回は「やらな」を選択します。

 

3フレーズ目、『屋根まで飛んで』は2フレーズ目の使い回しで良さそうなので省略。

 

4フレーズ目『壊れて消えた』『お・あ・え・え・い・え・あ』

ここまで来れば、皆さんも自分で替えられるのではないでしょうか?

 

『お』から始まる言葉は無いので中腹部の『あ』に狙いを定めやらない夫を選択。『壊れて』なので「やらない」、もしくは「やらでき」で踏みましょう。

 

あとは『い・え・あ』の部分に「やらな」「できな」を入れて完成!

 

一緒に歌ってみましょう!!

 

『やるやらやらな やるやらやらな

 やるやらやる夫 やらできやらな』

 

どうですか?

 

 

 

どうもこうもねぇか

 

 

遊び方

その1 バトル

  替え歌の綺麗さでバトルする。審査基準がないので基本的に勝負は決まらない。

 

その2 ただ作る

  即興で綺麗に出来ると気持ち良い。

 

その3 フリースタイルやる夫やらない夫替え歌

 上記で少しだけ触れた「異種やる夫やらない夫替え歌」の一例。

 

 全てをやる夫、やらない夫などで置き換える必要がない。即興で歌詞の一部をやる夫、やらない夫などに置き換えていき、替え歌としての面白さで勝負する

 

例【どんぐりころころどんぐりこ】

やる夫がコロコロ   やらない夫お池にはまってさあ大変

できる夫できる夫 こんにちは できる夫一緒に遊びましょ

 

これは今即興で作りましたが、面白いものが出来るのは稀です。

 

 

僕が普段やっているのはこの辺です。自分だけの『やる夫やらない夫替え歌』を見つけてください。

 

終わりに

いかがでしたでしょうか?

 

僕は大学の授業をサボりすぎて、もはや何をやっているのかが分からず、脳内で『やる夫やらない夫替え歌』を作り続ける毎日を送っています(やる夫やらない夫替え歌はパターン化しやすいので、やればやるだけ上手くなれる)

 

この記事で、僕と同じように『やる夫やらない夫替え歌』を作り続けるゾンビが一人でも増えたのなら幸いです。

 

ぶっちゃけ母音云々の辺りは普通に替え歌作る上でも大事だと思います。最初か最後が踏めてれば基本は違和感無いので。

 

熱中症で頭がフラフラしてるので終わります。